学校概要

ご挨拶

駿河学院という名を学校名に冠して地元で34年目(2020年現在)を迎えました。

学校は未来ある生徒の皆さんのためにあるものです。時代の変化によって求められる人材は変わりますが、一人の人間として大切になる本質は変わらないものだと思います。
駿河学院は、一生懸命に取り組む生徒さんが安心して通える学校となるべく、日頃から細やかな指導を心がけております。

毎年、本校で充実した三年間を過ごし、多くの資格を手に社会へ羽ばたいていく卒業生を見るたびに、地元の若者を育て、地元に貢献することの大切さを強く感じています。

私たち駿河学院は、「学び直し」と「専門教育」を教育の柱とし、
「自律」から「自立」への過渡期を一生懸命支援し、社会貢献できる人材を育成していきます。

学校法人駿河学院 駿河学院専門学校 校長 杉山卓生

駿河学院校舎

沿革

1986年(昭和61年) 学校法人 駿河学院設立、駿河学院実務高等専修学校開校
1988年(昭和63年) 専門課程 自動車整備科を設置、専門課程の設置に伴い、学校名を「駿河学院実務専門学校」に改名
1991年(平成3年) 藤枝実務高等専修学校開校
1996年(平成8年) 清水学院実務高等専修学校開校
1998年(平成10年) 藤枝学院実務高等専修学校に改名
2000年(平成12年) 静進情報高等専修学校開校
2016年(平成28年) 駿河学院専門学校に改名

自己点検および学校関係者評価

「2019年度 駿河学院専門学校 自己点検および学校関係者評価委員会 報告書」はこちらからご覧ください。

自己点検の様子

ページトップ